スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【運営サイト】
→ケイズ電話代行サービス
→ケイズ電話応対研修
→ケイズ電話秘書代行サービス

電話応対の心がまえ

電話応対だけではなく、人にかかわり生きていく上で一番必要なことは「人を思いやる心」であると考えます。相手を思うというのは色々な言い方が出来ます。「察する」「同調する」「気にかける」「心配する」など
人を敬い、尊び、気持ちよく過ごしてもらう。礼を尽くす。
それを形に現すことがマナーであり、これをさまざまなものに生かすことが出来る事が根底になければなりません。このことが人の心にみたされているならば、多少表現が荒削りであっても相手には通じるはずです。
電話応対については電話をかけてきた相手に対し、「私は今この人のために何が出来るだろう」と考えるのが基本です。
「今の私の能力と知識でどうお役に立たせていただこうか」を考え受け答えしていくことが重要です。

・自分のルールを人に押しつけない。
 どうしても従って頂く場合には、説得ではなく、納得して頂く。
 そして、言い方にも気を付ける。

・言葉遣い < 話術 < 心がまえ

【運営サイト】
→ケイズ電話代行サービス
→ケイズ電話応対研修
→ケイズ電話秘書代行サービス

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
ガイドブック請求
言葉遣い・敬語といった「テクニック」だけでは不充分。 より本質的な電話応対の理解のために。
電話応対・ビジネスマナーでお客様を増やすには。「お客様中心の業績改革:無料プレゼント」
検索フォーム
リンク
プロフィール

denwadaiko

Author:denwadaiko
ケイズ電話代行システム代表取締役 兼 電話応対出張セミナー主任講師:丹所公子 プロのアナウンサーより発声、発音、敬語の使い方等を学ぶ。NTT前身の電報電話局主催 電話応対競技会地区大会 1位 2位 3位 地方大会 3位に入賞経験あり 東京中小企業家同友会認定マナーインストラクター
kzt_banner160.gif
ケイズ電話代行サービス

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。